全量買取制度の仕組み

太陽光発電では、経済産業大臣の認定を受けたときの価格が保証される固定価格買取制度を利用できます。発電量が10kW以上であれば全量買取制度を利用することができ、価格の保証期間が20年間、売電対象は発電した全電力になります。10kW以上の発電を行うにはある程度の規模が必要であるため、産業用とも呼ばれますが、一般家庭でも発電量を満たしていれば利用できます。発電力が10kW未満では保証期間が10年間と短い余剰買取制度が適用され、売電対象も発電した電力から使用した電力が引かれます。