フロアコーティングの種類と価格

フロアコーティングと聞いてもピンと来ない人も多いと思います。
フロアコーティングを大きく分けると、素材により有機系コーティングと無機系コーティングの2種類になると思われます。
まず有機系コーティングは、有機物と言われるウレタン素材を塗料として使っています。
その配合する割合によって、時間の経過と共に塗料の質が劣化しはじめ黄色く変色することが多く見られます。
この一方無機系コーティングと言われるものは、一般にガラス素材を塗料としたもので劣化や変色はしません。
しかしその中には、少量のガラス塗料を混合する事で「劣化しない無機系コーティング」とうたっている商品もあります。
このような商品には十分な注意が必要です。
そんな時は、第三者公的機関の試験結果証明書類の確認が良いと思います。
耐久性などを確認する事をお勧めします。
これらフロアコーティングの原料単価は、その耐久年数応じて高くなっているのです。
有機系コーティングで1番耐久性の高いと言われるウレタンハードコーティングは、生産量の多さから原料単価が他の塗料よりも安くなっている傾向があります。
安いものは2年程度ものから、20年30年と保存の効くものであるようです。