見直されている太陽光発電

ちょっと前までは私もあまり興味がありませんでしたが、最近、太陽光発電が見直されてきているようですね。
これはやはり東北地方の大地震がきっかけとなっているのでしょう。
今まで日本では原子力発電を主に電力を供給していましたが、大地震の影響でそうもいかなくなってきました。
そこで、原子力に代わる電力の供給を考えるとなると、太陽光発電がいいのではないか、という傾向になってきているようです。
たしかに、それは一理あると思います。
太陽は自然のものですし、常に私たちを照らしています。
そのエネルギーを有効活用することは良いことだと思うのです。
しかも、ソーラーパネルを各家の屋根に設置すれば、夏なんかはかなりの太陽光を採り入れることができるはずです。
まだ一般家庭での設置は義務付けられていませんし、実際に設置している家庭も少ないのですが、そのうち、全家庭で設置されるようになるのではないか、という気がしています。
国民みんなで太陽光発電について考えるべき時が来ているのかもしれませんね。